株式会社イノベーションシステム
HOME>製品紹介> VB6→VB.NET アプリケーション移行サービス

VB6→VB.NET アプリケーション移行サービス


title

sub-title01

 ● VB6.0で構築されたシステムがあるが、マイクロソフトのサポートが切れたため、
   今後の対応に困っている・・・・

 ● VB6.0で構築されているシステムをVB.Netで作り替えたいが費用が心配・・・・

 ● VB6.0のシステムをVB2010に置き換えたが、パフォーマンスが著しく低下して
   困っている・・・・



マイクロソフトのVB6.0のサポート終了に伴い、
今あるリソースを無駄にしたくないが、
今後のことを考えると新しいシステムの構築を
なるべく安価で実現したい。

character

knowhow

≪VB.NETへの移行について≫

  マイクロソフトが提供する、VB6.0から、VB.NETへのアップグレードツール
 (アップグレードウィザード)では、完全なコンバートは不可能。
  下記を始めとする様々な問題が発生し、単純に動作が保障されるアプリケーションコンバート
 が行われる訳ではありません。
  • ツールで対応できない部分は、エラーのままとなる。
  • 一部関数についてはコンバートはされるが、VB6.0下位互換ライブラリの関数に
    置き換えられる為、VB6の要素を引きずる形となり、完全な.NETへの移行とはならない。
  • 配列の添え字など.NETでの取扱いが変わったものについては、コンバート後の
    アプリケーションを実行した際、実行時エラーの発生、期待通りの結果を得られない
    などの不具合が発生する。
  • 外部製品コンポーネントを利用されていた場合、当然その部分はコンバートされない。

 ※VBのコードレベル以外でも、過去の高速DBアクセス方式を.NETにそのまま移行する
  ことにより、著しいDBアクセス処理速度劣化が発生してしまうなどの問題が発生する
  ケースもございます。

sub-title02

 VB6.0で開発したアプリケーションから、VB.NETアプリケーションへの移行サービスを
ご提供いたします。

≪VB.NETへの移行メリット≫
  • VB.NETへ移行することにより、マイクロソフトのVB6.0対応期限を過ぎても、
    安心してアプリケーションの利用が行える。
  • Windows7等の現行最新のOS上での稼動も可能となる。
  • 既存の資産(VB6アプリケーション)をベースとすることにより、新規に再開発を行う
    必要がない為、開発コストが抑えられる。
  • 基本的には、ユーザーインターフェイス(画面イメージや操作性)が、そのまま移行されるため、
    アプリケーションを実際に利用されるユーザへのトレーニングが不要。運用ルールもそのまま
    利用できます。

merit


弊社サービスの利用により、下記の様な効果を得ることができます。
  • 『コンバートにおける問題点の解決』
  • 高額な外部製品コンポーネントを進化した.NET提供コンポーネントへ置換えることでコスト削減。
    (代替可能な.NETコンポーネントがない場合は、カスタムコンポーネント作成サービスにて対応)
  • 既存DBアクセス方式から、最適なDBアクセス方式への切り替えサービスにより、
    既存DBアクセス方式を.NETに移行した場合より処理速度UP効果を得られる。
    (既存で利用されているDBアクセス方式によりその効果は異なります。)
  • 弊社が一括して移行作業を行う為、機能改善、将来的な機能追加もスムーズに対応が可能。
  • 弊社独自のコンバートプランにより低リスク、低コストにて対応が可能







サイトマップ |  ホーム |  個人情報保護方針 |  お問い合わせ |  このページのトップへ